寝不足や偏った食生活の反動が髪に・・・

不規則不摂生な生活というものは若さで補えると考えていた時期がありました。

以前していた仕事の忙しさがピークの時、休日返上で朝から終電まで働き、食事はほぼコンビニ弁当やスーパーのお惣菜で済ませていました。

毎日のように続けているとある日から頭頂部がかゆくなってきました。鏡で確認をするとつむじ部分が薄くなってしまっていて、髪がスカスカになっていました。

上司や取引先に頭を下げることもあり、20代の女でこれは恥ずかしいと思い、急きょネットで育毛剤を購入したのですが肌に合わずに断念してしまいました。

退職後は毎日早寝早起きと1日三食バランスの良い食事を心がけたところ、徐々にですが改善しています。髪はストレスを感じやすいから気を付けなければならない、と改めて実感できた経験でした。

人気の女性育毛剤紹介サイトです。
>>マイナチュレ育毛剤の口コミ

太い・多い・くせ毛の三重苦

私の髪の毛は太い上に量がとても多いです。しかもくせ毛です。

朝どんなにアイロンで伸ばしても少しでも湿気があればすぐにうねって広がってしまいます。

美容室に行く度に美容師さんにアドバイスを求めるのですが「お風呂上りにドライヤーを欠かさないことがいちばん」と言われるばかり。

しかし私、とんでもなく面倒くさがりや。よほどのことがないとドライヤーなんてかけません。
もっぱら自然乾燥派。

最終的には「結んでしまえばいいや」で片づけてしまうためなんの努力もしないでここまできました。

そのおかげでカラーリング、パーマを繰り返した髪の毛は痛みまくり。

若い頃はそんなのも「若気の至り」で自己解決していましたがこの年になるとそうもいきません。最近朝起きるとぱさぱさ。ヘアオイルを使ってもはや手遅れなのかなんの改善もありません。やっぱりドライヤーで乾かすことがいちばんなのかもと思う今日この頃。

カラーリングで傷んだ髪におすすめケア

近年アッシュ系カラーのカラーリングが流行っていますね。わたしもアッシュ系の色味が大好きで、毎回美容師さんにアッシュカラーでのカラーリングをお願いします。

ですが、色が抜けて金髪になりやすかったり、痛み方が酷かったり…。こまめに美容室に行けたら良いですが、仕事が忙しかったり家事に追われるとなかなか行けないのが現実。

そこでわたしがカラーを長持ちするために、行っているケア方法・実際に使ってみた感想をまとめてみました。

使用しているアイテムは、
・シルバーシャンプー
・洗い流すタイプのヘアトリートメント
・洗い流すタイプのヘアカラートリートメント(グレー)
・タオルドライ後のヘアオイル
です。

シャンプーとカラートリートメントは色味を保つために交互に使用しています。アッシュ系カラーは、染めた後、通常のヘアケアだけではどうしても黄ばんできたり、痛みが目立ってきますが、シルバーシャンプーを使用することで抑えることができます。また、カラートリートメントは、黄ばみを抑えるだけでなく、自然に色を入れることができるので、自分の好みのカラーを保つことができます。

痛みが特に気になるときは、シルバーシャンプーとヘアトリートメントを併用しています。タオルドライした髪にヘアオイルをつけることで潤いとツヤを保てます。

毎日のケアが必要ですが、サラサラの艶やかな髪を保つために、オススメです。

股の色素沈着を綺麗にするなら
ピューレパールがオススメです。

月1回のヘナタイムで髪ツヤツヤに

月に1回、できれば2回ヘナをします。ヘナは白髪染めが目的ですが、髪全体をコーティングしてツヤツヤにしてくれます。
美容院で白髪染めすると、必ず薬剤が染みて、不快な思いをしていました。市販の白髪染めも、匂いがきつくて、なんだかやっている最中も不快でした。

ヘナなら、匂いも自然な草の匂いだし、髪に良いことをしてるっていう感覚もあって、快適です。自分で好きな時間にヘナします。時間はかかるので、リラックスできるときに。2時間くらい頭にのせてるので、結構重たくなるのが難点かな。

気温が温かい方がしっかり染まるので、お風呂でやることが多いです。流すときは、お湯だけで丁寧に流して、数日後にシャンプーします。髪の毛を洗って乾かすと、髪の毛がさらっと、しかも落ち着いた状態になります。たぶん、一生ヘナすると思います。

人気のわきがクリーム
クリアネオの口コミ